« 国際福祉機器展 | トップページ | 昨晩の… »

構造計算書偽装

また、こんな事件が起きてしまいました。

「建築士というのは、とんでもない奴らだ。今後ともチェックを厳重に行う」という姿勢を、国土交通省はどうしても見せたいようです。なぜか?

6月20日の建築基準法改正による、建設業界の停滞の責任を取りたくないから。と職人犬井は思います。ここ4ヶ月弱、新規のプロジェクトはほとんど進展していません。特に適合判定を要するものは、今後のスケジュールも確定できない状況です。だから、悪者=建築士の構図を作りたいのだと思います。

もうひとつ忘れてならないのは、書類の辻褄を合わせて審査をクリアするだけなら、いくらでも可能だという事です。

本来は、図面や書類より現場の方が大事なはずです。当たり前ですがエンドユーザーは、図面等に価値を求めません。図面に現場の全てを表現するのは、無理な話です。だから、現場での監理が大事なのです。

住宅着工件数が激減というニュースが出た直後の、この発表に意図的なものを感じるのは職人だけでしょうか。

|

« 国際福祉機器展 | トップページ | 昨晩の… »

ニュース」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211863/16784102

この記事へのトラックバック一覧です: 構造計算書偽装:

« 国際福祉機器展 | トップページ | 昨晩の… »